Original

絶品アンコウ料理!旬・産地・食べ方を大公開 | 鍋/唐揚げ

皆さん、こんにちは!震災後Uターンして水産の世界に飛び込んだヒロヨシです。

皆さん、アンコウはご存知ですか^^?

あんこう

見た目にとてもインパクトがありますね(苦笑)

しかし、あんこうは『東の鍋の横綱』とも言われ、西のふぐと対を成すとっても美味しいお魚なんですよ^^
鍋以外にも美味しい食べ方が沢山あります!

今回はそんなアンコウの魅力に迫りたいと思います♪


目次

1.アンコウとは
 1.アンコウの基本情報と味
 2.旬
 3.産地
 4.栄養価


2.食べ方と料理法
 1.鍋
  1.オススメの具
  2.オススメのしめ
  3.どぶ汁との違い
 2.唐揚げ
 3.ともあえ

3.まとめ


アンコウとは

アンコウの基本情報と味

あんこう

まず一言にアンコウといっても多くの種類が存在します。

今回ご紹介するのが、アンコウ科25種類の中でも最もポピュラーな『キアンコウ』です。

キアンコウは本アンコウとも呼ばれ、古くから東日本を中心に愛されています。
『東にマナガツオなく、西にアンコウなし』という俗諺もあるほど、東日本では大切なお魚なんですよ。

あんこうは骨以外は捨てる部位が無いとされ、肉、肝、水袋(胃)、ぬの(卵巣)、えら、ひれ、皮、(アンコウの7つ道具)の全てを食べる事ができ、魅力がいっぱいのお魚です。
身の淡白で上品な味、皮のプルプルコラーゲン、海のフォアグラとも呼ばれる濃厚な肝、等など、アンコウは魅力がいっぱいなのです♪


あんこう捌き

地域にもよりますが、アンコウの旬は晩秋~初春です。

晩秋から肝に脂が乗り始め、3月~4月にかけて産卵し味が落ち(肝が小さくなり)ます。

アンコウの旬=寒い時期
と覚えておけば良いでしょう。

一点注意して頂きたいのが、冬を過ぎた初春でもアンコウは美味しいという点です。
鍋シーズンが終わった後の1ヶ月程はまだ脂が残っており、美味しく食べる事ができます。

産地

あんこう産地

関東以北で有名なアンコウですが、実は日本海側でも多く水揚げされています。


○東の名産地

青森県風間浦漁港

アンコウは主に底引き網漁で水揚げされますが、風間浦漁港は固定式刺し網にて水揚げされます。
どうゆう事かというと、『生きたまま』アンコウを水揚げする事ができるのです。
全国的にも珍しいアンコウの刺身を楽しむ事ができます。

福島県(相馬市原釜・いわき市小名浜)・茨城県(大洗)

福島・茨城沖のアンコウは『常磐モノ』といわれ、古くから築地で評価を受けています。
親潮と黒潮の海流がぶつかり、とても豊かな漁場となっている為です。

冬のアンコウ鍋は観光資源としても重要になっています。


○西の名産地

山口県下関

あんこう水揚げ量日本一の浜です。(我らが相馬の水揚げは震災前全国3位でした^^;)
下関はふぐの水揚げも有名ですので、東西の横綱が一挙に揃う凄い浜です。

栄養価

■身

あんこう身

身の栄養価はあまり高くありません。
しかし良質なタンパク質を多く含み、脂質や炭水化物がとても少ない為ダイエット食材に向いているといえます。

■肝

あん肝

ビタミンA、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、セレン、全てが全食品トップクラスの含有量を誇っています。
なんと、ビタミンAはウナギの3.5倍です。
主な作用としては、
・目の健康維持、免疫力向上(ビタミンA)
・骨粗鬆症の予防(ビタミンD)
・細胞の老化を予防(ビタミンE・セレン)
・悪性貧血の予防、精神の安定(ビタミンB12)

等、様々な効果を期待できます。
※中性脂肪やコレステロールを多く含むため食べすぎには注意しましょう。



食べ方と料理法

あんこう鍋

あんこう鍋

あんこうといったら、まずイメージするのが鍋でしょう。
肝の旨みと味噌がマッチして、なんともいえない濃厚な旨みを楽しめます。

あんこう鍋セット、オンラインショップにて販売しております♪

オススメの具

当店のオススメは根菜類です。
根菜の出汁が、あん肝の旨みを引き立ててくれます。
・ごぼう
・人参
・ねぎ
・白菜
・えのき

オススメのしめ

あんこう鍋オススメのしめは、何と言っても雑炊です。
ご飯があん肝の旨みを吸って、雑炊の中でも最上級のお味ですよ♪
次の日でも美味しくお召し上がりいただけます^^

どぶ汁との違い

あんこうどぶ汁

あんこうのどぶ汁というお料理をご存知ですか?

どぶ汁は常磐地方の漁師飯で、船上ではとても貴重な水を使わずに作ったあんこう鍋です。
名前の由来は、あん肝から出るオレンジ色の肝油が、まるでどぶろくのようだからといわれています。

ポイントは水を使わず、あんこうと野菜から出る水分のみで炊くという点です。

無水カレーのような感じといえば分かりやすいでしょうか^^
鍋よりもどぶ汁が先に食べられていたらしいですよ!

あんこう唐揚げ

あんこう唐揚げ

以外と知られていないアンコウの唐揚げですが、とってもオススメです。
オススメは皮も使う事。
プルプルコラーゲンがとても良い食感です。

揚げるだけのあんこう唐揚げ、オンラインショップにて販売しております♪

あんこうのともあえ

あんこうともあえ

あんこうの身、肝、を味噌であえた郷土料理です。

お酒の最高のお供です♪

解凍するだけのあんこうともあえ、オンラインショップにて販売しております♪


まとめ

あんこうの魅力をたっぷりお伝えしましたが、いかがだったでしょうか^^
最近では、たまに町の鮮魚屋さんでも見かける事ができます。

丸さかなの姿に臆せず、是非チャレンジしてみて下さいね♪
こんな魚もあるんだ~!という驚きがありますよ。

それでは良いお魚ライフを~>゚))))))))))))))))>=<

当店のアンコウ

あんこう通販

簡単調理できるあんこう製品、オンラインストアにて販売しております♪

是非覗いていってください^^

高橋大善

高橋大善

震災後の2014年に東京からUターンしてお魚屋さんになりました。 愛するお魚と地元の為、面白い記事を頑張って書きます! 最近フードコーディネーターの資格を取得いたしました^^

新着記事

青のりが美味しい!あおさとの違いと料理法|味噌汁/卵焼き/佃煮/天ぷら

2018-04-17 18:11

磯の香りがいい青のり。今回は、青のりとあおさの違いや、定番の料理方法をご紹介します。

絶品アンコウ料理!旬・産地・食べ方を大公開 | 鍋/唐揚げ

2018-03-30 15:13

見た目にとてもインパクトがありますね(苦笑) しかし、あんこうは『東の鍋の横綱』とも言われ、西のふぐと対を成すとっても美味しいお魚なんですよ^^ 鍋以外にも美味しい食べ方が沢山あります! 今回はそんなアンコウの旬、産地、食べ方等の魅力に迫りたいと思います♪

【体に良い海藻】アカモク(ギバサ)の効果とは?成分・食べ方を大公開

2018-02-23 15:49

近年、健康食品として注目されているアカモク。 TV番組のたけしの家庭の医学でも紹介されました。 今回はそんなスーパーフードのアカモクの、成分/効能/産地/旬と収穫時期/食べ方等を特集したいと思います。

【お魚屋さんが教える】手巻き寿司にオススメのネタ|変わりダネもあり!

2018-02-06 17:22

皆さん、手巻き寿司は好きですか^^? 私は大好きです!! 親戚が集まったときや、ホームパーティーの定番ですよね♪ 今回は私、魚屋のヒロヨシが手巻き寿司の基本、オススメネタ、変わりダネのネタをご紹介いたします!

春を告げる白魚!旬・産地・食べ方を大公開|刺身/卵とじ/天ぷら/寿司

2018-01-30 15:17

皆様白魚はご存知ですか? 白魚は透明な体が美しい高級魚で、様々な調理法で多彩な味を演出してくれる凄い魚です。 今回はそんな白魚の基本情報と食べ方を特集しました!

弊社の商品は通販ページにて販売しております。

この内容で送信します。よろしいですか?