お魚がある生活って、素晴らしい。

相馬のおんちゃまWEBマガジンは、

福島県相馬市の水産加工会社が運営するWEBマガジンです。

お魚の雑学、便利な生活の知恵、簡単に作れるお魚レシピ、地元の事、

そんな事を相馬の海から発信していきます。

catch-img

【動画レシピ】ルーを使わない!つぶ貝のトマトカレー

 こんにちは!震災後Uターンして水産の世界に飛び込んだヒロヨシです。
今回はつぶ貝のトマトカレーをご紹介します。

ルーを使わずに、スパイスから作ってみました。

材料さえ揃えばとっても簡単なので、是非試して下さいね。


作り方

ポイント

スパイス類は、加熱するタイミングが重要です。

スパイスの香りを最大限に生かせるタイミングで入れましょう。


材料

・つぶ貝…150g 
・玉ねぎ…大1個 
・ニンニク…2個 
・生姜…30g 
・ししとう…3本 
・きのこ…50g 
・トマト缶…400g 
・ココナッツミルク…400g 
・水…200ml 
・クミンシード…大さじ2 
・シナモンスティック…1本 
・ターメリック…小さじ2 
・コリアンダー…小さじ2


手順

▼動画でもレシピを公開しています▼


1.玉ねぎは薄切り、にんにく、生姜、ししとうはみじん切りにする。

2.つぶ貝は大きいのは3等分、小さいのは2等分にする。(当店のつぶ貝の場合)

3.油でクミンシード、シナモンスティック、みじん切りにした野菜を常温から炒めて香りを出す。

4.5分ほど炒めて香りが出たら、玉ねぎを炒める。

5.さらに10分ほど炒めて玉ねぎが茶色になってきたら、きのこ、つぶ貝を加える。

6.さっと炒めたらトマト缶、ココナッツミルク、水を加え、20分ほど煮込む。

7.仕上げに、塩、ターメリック、コリアンダーを加え、さっと煮込んだら完成。


まとめ

今回もっとも重要なのが、スパイスを入れる順番です。

クミンシードと、シナモンスティックは油で炒めると香りがでるので最初。

また、ターメリックとコリアンダーは香りが飛びやすいので、最後にいれます。

この順番を守れば、色々なカレーにアレンジできるので、是非チャレンジしてみて下さい。

それでは良いお肴ライフを!


今回使ったつぶ貝


>商品はコチラ

高橋大善

高橋大善

震災後の2014年に東京からUターンしてお魚屋さんになりました。 愛するお魚と地元の為、面白い記事を頑張って書きます! 最近フードコーディネーターの資格を取得いたしました^^

新着記事

【動画レシピ】カレイの煮つけの作り方

2020-01-10 10:55

今回はカレイの煮つけの作り方レシピをご紹介します。カレイの煮つけは三陸地方で年取りの魚のされている、とてもポピュラーな料理です。

【動画レシピ】タコの酢の物の作り方

2020-01-10 10:48

今回は常備菜にぴったりなタコの酢の物のレシピをご紹介します。 生ダコの処理にも触れていますので、是非ご覧ください。

【動画レシピ】牡蠣のオイル漬けの作り方

2019-12-18 17:16

生牡蠣を使った、牡蠣のオイル漬けの作り方レシピをご紹介しています。 毎日の晩酌が楽しみになります。

ヒラツメガニとは!基本、下処理や食べ方料理を徹底解説

2019-12-09 12:38

漁獲量、流通量共に少なく、非常にマイナーな存在になっているヒラツメガニですが、実はとっても美味しいカニ。そんなヒラツメガニの旬、味わい、下処理、料理などをご紹介します。

鯛の旬を解説!種類も合わせてご紹介

2019-12-07 17:09

日本の魚で最もポピュラーな魚、鯛の旬を解説しています。鯛の種類、桜鯛、もみじ鯛の基本情報等も合わせてご紹介。

Youtubeチャンネルもどうぞ

お魚図鑑
用語集

人気記事ランキング

カテゴリー

会社情報