Original

高級魚キンキ!値段・産地・食べ方等をを大公開|煮付け/刺身/干物/湯煮

こんにちは!震災後Uターンして水産の世界に飛び込んだヒロヨシです。
皆さん、キンキはご存知ですか^^?

真っ赤な見た目をした、なんだかカッコいいお魚ですね♪

キンキは、正式名称をキチジといって、お魚好きなら誰しもが知っている超が付く高級魚です。
かつては、大量に水揚げされて肥料にもなっていたキンキですが、今やメディアがこぞって特集する人気魚種になりました。

今回はそんなキンキの魅力に迫りたいと思います♪



目次


1.キンキとは
 1.キンキの基本情報
 2.値段
 3.産地

2.食べ方と料理法
 1.煮付け
 2.刺身
 3.干物
 4.湯煮

3.まとめ


キンキとは

キンキ

キンキの基本情報

キンキは、スズキ目カサゴ亜目キチジ科キチジ属のお魚です。
正式名称はキチジ。
地方名では、メンメ、キンキン(北海道)、アカジ(東北、茨城県)、メイメイセン(釧路)、メイセン(岩手県)等があります。

赤い魚の中でも最上級の魚で、東北のキンキ、西のノドグロと二分されている超が付く高級魚です。
TVなどのメディアで特集される事も多いため、お魚の中では知名度が高いほうではないでしょうか。

かつては大量に獲れ、肥料として使われる事もあったらしいです。(今では考えられませんね^^;汗)

柔らかい白身にはたっぷりと脂を蓄えており、お口の中でとろける味わい(なんとタンパク質より脂質の含有量が多いらしいですよ)。
また皮、皮と身の間にも旨みが多く、値段以上の満足感を得られるお魚です。

栄養素も多く、
・青背魚(イワシ・アジ・サバ・サンマ等)と同等以上の多価不飽和脂肪酸、
・活性酸素の攻撃から細胞膜を守るビタミンE
・ミネラルの銅
・抗酸化作用を持つアスタキサンチン
を含んでいます。


値段

キンキ市場

キンキは超が付く高級魚です。

大型のブランドキンキを東京のお店で食べようと思えば、1尾で¥10000を超える事もあります。
※水産の世界は相場によって値段が変わるため、目安としてお考えください。

サイズの小さいものは比較的安価で食べる事が出来ます。(それでも普通のお魚と比べるとお高いですが、、)
また、海外から輸入されたものや、近種のアラスカキチヂ等は値段がぐーんと下がるのでお買い得です。


産地

キンキの産地は主に、
北海道、青森、岩手、宮城、福島(震災前)が大半を占めています。

その中でも水揚げ量が最も多い所が北海道。
なんと全国の水揚げの半分以上を占め、全国に名を轟かせています。

ブランドキンキの釣キンキ

釣キンキ

北海道網走漁港では釣キンキの名でブランディングを行っています。
なんと登録された4隻の船(第21万泰丸、第36照福丸、第56万泰丸、第58勝喜丸)で獲れた網走沖産キンキのみが"釣キンキ"として流通しているのです。

傷が少なく、水揚げされてから直ぐ船上で箱詰めされるので、鮮度、質ともに最上級のキンキです。


食べ方と料理法

煮付け

キンキ煮付け

キンキといったら、まず煮付けです。
柔らかい身は箸で簡単にほどけ、お口の中でじゅわっと甘みのある脂が広がります。

煮汁に浮いた脂が食欲をそそります、、。
この煮汁をご飯にかけて食べるのもオススメですよ^^

当店にてキンキの煮付け販売しています!


刺身

キンキ刺身

http://www.city.abashiri.hokkaido.jp

鮮度のよいキンキが手に入ったら、お刺身で食べてみましょう!
オススメは皮霜作り。

湯引きにすると皮と身の間にゼラチン質ができ、違った食感と旨みを味わう事ができます。


干物

キンキ干物

脂の多い魚なので、焼き物にしても最高です。
皮の旨みと甘い脂のコンビネーションは唯一無二の味!


当店にてキンキの一夜干し販売しております!


湯煮

キンキ湯煮

北海道の東部沿岸地域の郷土料理です。
水から茹でたキンキに、ウスターソース(中濃ソース)・醤油をかけただけの超シンプル調理。

キンキの旨みを存分に味わう事ができます。


まとめ

高級魚のキンキ、いかがだったでしょうか^^?
超が付く高級魚なので中々食べられないのお魚ですが、見かけたら是非トライしてみてくださいね!

好きなお魚ランキングが変動する事間違い無しですよ~♪

それでは良いお魚ライフを~>゚))))))))))))))))>=<


当店のキンキ

キンキ販売

WEBショップにてキンキ商品複数取り扱っております!

調味料にまで拘った逸品と自負しておりますので、是非お買い求め下さいませm(_ _)m

高橋大善

高橋大善

震災後の2014年に東京からUターンしてお魚屋さんになりました。 愛するお魚と地元の為、面白い記事を頑張って書きます! 最近フードコーディネーターの資格を取得いたしました^^

新着記事

青のりが美味しい!あおさとの違いと料理法|味噌汁/卵焼き/佃煮/天ぷら

2018-04-17 18:11

我らが相馬松川浦は、青のりの一大産地として知られています。 青のりと聞くと、同じくあおさを思い浮かべませんか? 実は、「青のり」と「あおさ」では、味や香りが全く違うんですよ♪ 今回はそんな青のりとあおさの違い、食べ方や料理法等について特集していこうと思います。

絶品アンコウ料理!旬・産地・食べ方を大公開 | 鍋/唐揚げ

2018-03-30 15:13

見た目にとてもインパクトがありますね(苦笑) しかし、あんこうは『東の鍋の横綱』とも言われ、西のふぐと対を成すとっても美味しいお魚なんですよ^^ 鍋以外にも美味しい食べ方が沢山あります! 今回はそんなアンコウの旬、産地、食べ方等の魅力に迫りたいと思います♪

【体に良い海藻】アカモク(ギバサ)の効果とは?成分・食べ方を大公開

2018-02-23 15:49

近年、健康食品として注目されているアカモク。 TV番組のたけしの家庭の医学でも紹介されました。 今回はそんなスーパーフードのアカモクの、成分/効能/産地/旬と収穫時期/食べ方等を特集したいと思います。

【お魚屋さんが教える】手巻き寿司にオススメのネタ|変わりダネもあり!

2018-02-06 17:22

皆さん、手巻き寿司は好きですか^^? 私は大好きです!! 親戚が集まったときや、ホームパーティーの定番ですよね♪ 今回は私、魚屋のヒロヨシが手巻き寿司の基本、オススメネタ、変わりダネのネタをご紹介いたします!

春を告げる白魚!旬・産地・食べ方を大公開|刺身/卵とじ/天ぷら/寿司

2018-01-30 15:17

皆様白魚はご存知ですか? 白魚は透明な体が美しい高級魚で、様々な調理法で多彩な味を演出してくれる凄い魚です。 今回はそんな白魚の基本情報と食べ方を特集しました!

弊社の商品は通販ページにて販売しております。

この内容で送信します。よろしいですか?