お魚がある生活って、素晴らしい。

相馬のおんちゃまWEBマガジンは、

福島県相馬市の水産加工会社が運営するWEBマガジンです。

お魚の雑学、便利な生活の知恵、簡単に作れるお魚レシピ、地元の事、

そんな事を相馬の海から発信していきます。

Original

【レシピ】ホッキ飯の作り方|お魚屋さんが教える浜のレシピ

こんにちは!震災後Uターンして水産の世界に飛び込んだヒロヨシです。
今回はホッキ飯のレシピをご紹介します^^

ホッキ飯は、宮城県亘理町、山元町や、福島県相馬市で愛されているホッキの炊き込みご飯です。
貝の旨みが乗った炊き込みご飯は絶品!!

ホッキ貝が固くならないように作るコツ等もあわせてご紹介していきますよ~♪

>ホッキ貝の基本情報はこちら


美味しいホッキ飯を作ろう!

ポイント

○ホッキ貝を一緒に炊いてしまうと、ホッキ貝自体が固くなってしいます。
その為、別で味付けしたホッキ貝を、炊き上がったご飯とあわせましょう!

○ホッキ貝の分量の目安は、1合につきホッキ貝1個です。


材料(1人~2人前)

・お米…3合
・ホッキ貝…3個
・人参…0.5本(お好みで)
・油揚げ…0.5枚(お好みで)
・昆布…1枚
・サラダ油…大さじ1

~調味料~
★醤油…大さじ3
★酒…大さじ2
★みりん…大さじ1
★砂糖…大さじ1
★水…550cc

作り方

①.お米を研いだ後、水に浸しておく。


②.ホッキ貝の下処理をし、食べやすいサイズにカットする。身、ヒモ、どちらも使います。
>ホッキ貝の下処理と剥き方はこちら


③.人参、油揚げを食べやすい大きさにカットする。


④.鍋orフライパンにサラダ油をしき、ニンジンと油揚げさっと炒める。


⑤.ニンジンに火が通ったら、★の調味料を全て加えて一煮立ちさせる。


⑥.沸騰したらホッキ貝を加え、ホッキ貝の色がピンク色に変わったら火をとめて冷めるまで放置する。
※ここで火を加えすぎるとホッキ貝が固くなってしまいます。あくまで「さっと」を心がけましょう。


⑦.⑥の煮汁が冷めたら具と汁をザルなどで分ける。


⑧.①の米、⑦の煮汁、昆布を炊飯器へ入れる。
※固めに炊くのがポイントです。3合の印より少し下になるように煮汁の量を調節して下さい。


⑨.炊飯をスイッチオン!


⑩.炊き上がったら昆布を取り出し、⑦で分けた具材を加えて混ぜ合わせ、10分~20分程度蒸らす。


⑪.器に盛り付けて完成!

ホッキ飯


まとめ

浜の郷土料理、ホッキ飯いかがだったでしょうか♪
ポイントは、「ホッキに火を入れすぎないこと」です。

色が変わったら直ぐに火を止め、冷ましながら漬け込むことでホッキに味を入れていくと失敗がすくないですよ。
ボイルしてあるホッキを使う場合は、ホッキ貝を煮汁に入れてから直ぐに火を止めるなどして火の入れ具合を調整して下さいね。

それでは良いお魚ライフを~>゚))))))))))))))))>=<


当店で通販しております!


ホッキのお刺身、ホッキ飯の素など、オンラインショップにて取り扱いしております!
是非覗いていって下さいね^^


ホッキ貝通販

高橋大善

高橋大善

震災後の2014年に東京からUターンしてお魚屋さんになりました。 愛するお魚と地元の為、面白い記事を頑張って書きます! 最近フードコーディネーターの資格を取得いたしました^^

新着記事

【動画レシピ】濃厚!カニのトマトクリームパスタ

2019-05-18 15:06

今回はカニを使ったトマトクリームパスタの作り方レシピをご紹介します。カニ味噌の濃厚な旨みがトマトクリームソースに良く合いますよ。

【動画レシピ】ルーを使わない!つぶ貝のトマトカレー

2019-05-18 14:37

今回はつぶ貝のトマトカレーの作り方レシピをご紹介します。つぶ貝の食感と旨みが溶けたカレーは絶品。ルーを使わずに、スパイスで作った本格的な味を是非お試し下さい。

【動画レシピ】牡蠣のクラムチャウダー

2019-05-11 18:23

今回は蒸し牡蠣を使ってクラムチャウダーの作り方レシピをご紹介します。 蒸し牡蠣を使うことで、濃厚な味わいを簡単に時間をかけず作ることが出来ます。

【動画レシピ】カニ汁の作り方!捌き方と合せてご紹介

2019-05-08 17:47

今回はヒラツメガニを使ったカニ味噌汁の作り方レシピをご紹介します。味噌を逃がさない、汁物用の捌き方も合せてご紹介!

【動画レシピ】干し海老で作る簡単ビスク

2019-05-06 21:39

干しあみ海老で作る、簡単ビスクの作り方レシピをご紹介します。干し海老を使う事で、比較的簡単に作ることができます。

Youtubeにてレシピ動画配信中!

通販ページ
LINE@始めました
お魚図鑑
用語集

人気記事ランキング

カテゴリー

会社情報