コウイカ

コウイカ

(標準和名/コウイカ 英名/Cuttlefish)

全長:20cm前後

コウイカ

概要

頭部に石灰質の甲をもっており、それが名前の由来となっている。
関東ではスミイカと呼ばれ、寿司、天ぷらとしても無くてはならない存在だ。
夏から秋に出回る、生まれて間もないサイズのものを「新イカ」とよび、超高値で取引される。

季節を感じさせてくれるイカだ。


分類

軟体動物門頭足綱二鰓亜綱コウイカ目コウイカ科コウイカ属

分布

本州中部以南、東・南シナ海からインドネシア

生息環境

春:水深20~40m(産卵時)
秋:水深60~100m