お魚がある生活って、素晴らしい。

相馬のおんちゃまWEBマガジンは、

福島県相馬市の水産加工会社が運営するWEBマガジンです。

お魚の雑学、便利な生活の知恵、簡単に作れるお魚レシピ、地元の事、

そんな事を相馬の海から発信していきます。

Original

甘酒の効果が凄い!飲む点滴と呼ばれる驚きの栄養価

こんにちは!震災後にお魚屋さんになったUターン3年目のひろよしです。

今回はお魚では無く、甘酒のお話についてお話させて頂きます^^
相馬のおんちゃま特設通販ページでも、塩辛に混ぜているあの甘酒。
中村神社(相馬野馬追いで有名な地元の神社)の初詣のときにお巫女さんがついでくれるあれです。
やさしい甘さがホッとする、日本の伝統的な甘味飲料ですね。

甘酒

甘酒の起源は、なんと古墳時代まで遡るらしいですよ。
1500年以上昔から、我々日本人に親しまれていたのですね~!

そんなに昔からずっと残っているのには、何かしらの訳があるはずだ!!
そう思い立ち調べてみると、やっぱり理由がありました。

甘酒は自然の力が作り出した栄養満点のパワフルドリンクだったのです。

 目次

1.そもそも甘酒って?
 1.酒粕から作られた甘酒
 2.米麹から作られた甘酒
 3.体に良いのは?
 4.飲む点滴の甘酒

2.効能一覧
 1.疲労回復
 2.美肌効果
 3.便秘解消
 4.ダイエット効果

3.まとめ

そもそも甘酒って?

 一言で甘酒、といっても実は作り方の異なる2種類があります。
まずはソコからご紹介しましょう。


酒粕から作られた甘酒

酒
1つ目は、酒粕から作られた甘酒。
日本酒を作る際に出る酒粕に砂糖を混ぜて作られます。
砂糖が大量に入っているのでカロリーは高め。


また、酒粕から作られているので、ちょっぴりアルコールも入っています。
市販されている缶の甘酒は大体こっちの甘酒が多いようです^^;
魅力はリーズナブルなお値段です。

 米麹から作られた甘酒

麹
2つ目は米麹で作る甘酒。
お米に米麹を混ぜ、発酵させて作ります。
米麹とは、米に麹菌(発酵させるために必要な菌郡)を繁殖させたものです。
この麹菌が、米に含まれるデンプンやたんぱく質等を分解し、様々な栄養素を作ってくれます。
これが日本古来より続く、昔ながらの製法ですね。

砂糖は不使用で、ノンアルコール。
お値段はちょっぴり高めです。


体に良いのは?

上記2種類の甘酒の中でも、特に栄養価が高い言われているのは米麹から作った甘酒です。
ノンアルコールなので、赤ちゃんや妊婦さんにもお勧めできます。

私が好きなのも、米麹から作った甘酒ですね^^
麹菌の力のみで作られた、やさしくも奥ゆかしい甘さが癖になります。

甘酒

ちなみに弊社の塩辛で使っている甘酒もこっちの甘酒です。
蔵元さんにお願いして、火入れ(一番最後に火を入れて発酵を止める作業)をしてないのでもらっているので、生きた麹菌がたんぱく質を分解して、アミノ酸を出してくれるんです。


要は、臭みを取って旨み成分を増やしてくれるんですよ!
麹菌さんには頭があがりません、、笑


飲む点滴の甘酒

米麹から作られた甘酒は、別名飲む点滴と呼ばれています。

 点滴

↓ざっと含まれている栄養素がコチラ↓

たくさん入ってますね~!!
なんと、ブドウ糖、ビタミンB群、アミノ酸などは本当に点滴に入っているらしいですよ。
なるほど、本当に飲む点滴ですね。
甘酒って俳句では夏の季語なのですが、それは昔から夏バテ防止の栄養ドリンクとして庶民から愛されていたかららしいです。
行商さんが、「甘酒~、甘酒~、」って言いながら売り歩いていた情景が浮かびます。

効能一覧

 甘酒の得られる効能をまとめてみました。


疲労回復

飲む点滴ですからね。疲れた体の特効薬です。

快晴 


美肌効果

コウジ酸は、シミの原因となるメラニンの生成を抑え、シミやくすみを防いでくれる効果があります。
また、ビタミンB群が持つ保湿効果が美肌効果をもたらします。

美肌


便秘解消

食物繊維やオリゴ糖も含まれているため、腸の環境を整え、働きをよくしてくれる作用があります。

トイレ


ダイエット効果

実は、甘酒のカロリーは100gあたり81k㌍と少なめなんです。
それに加え、甘酒の甘さの素であるブドウ糖は、血糖値をすばやく上昇させすばやく満腹感を得る事ができます。
どうしても間食したい、、、
そんな時に甘酒をコップ一杯程度飲めば、空腹が和らぎ、尚且つ低カロリーという訳です。

ダイエット



まとめ

とまあ、こんな感じです!
流石は1500年もの歴史を持っているだけのことはありますね。
美肌効果やダイエット効果まであるとは、、。


恋する乙女必見です!!
※飲めば飲むほど痩せるって訳ではないですからね。

いやでも甘酒って本当にすごいですね~。
余計な化学調味料なんかに頼らなくても、目を凝らせば昔から語り継がれるすごいヤツがあるんだなーと痛感いたしました。
先人たちの知恵を拝借して、自分も美味しいものを作らねば!!

高橋大善

高橋大善

震災後の2014年に東京からUターンしてお魚屋さんになりました。 愛するお魚と地元の為、面白い記事を頑張って書きます! 最近フードコーディネーターの資格を取得いたしました^^

新着記事

アナゴの捌き方と下処理 | 食べ方レシピを合せてご紹介!

2019-03-22 17:53

江戸前の定番としても愛されているアナゴ。そんな穴子の下処理や捌き方を食べ方レシピを合せてご紹介いたします。

メバルの下処理と食べ方!捌き方や定番料理を徹底解説  

2019-03-19 15:48

目が大きくどこか愛らしい見た目のお魚、メバル。 スーパー等でも見かけない為、味わった事が無い方が殆どではないでしょうか。 今回はそんなメバルの煮つけや刺身等の定番から、カルパッチョやムニエル等のお洒落な食べ方レシピを、メバルの基本情報とともにお届けします。

サワラの基本と食べ方!お魚屋さんが徹底解説|刺身/西京焼き

2019-03-14 15:09

サワラの基本、旬、産地、捌き方、アニサキスの危険性に加え、定番のお料理レシピなどを紹介しています。

【レシピ】しめ鯖のカルパッチョ | お魚屋さんが教えるレシピ

2019-01-13 20:09

しめ鯖を使った、しめ鯖カルパッチョの簡単なレシピを紹介しています。

しめ鯖の作り方とアレンジ | 食べ方や栄養の基本も大公開

2019-01-10 17:33

お魚のプロが、しめ鯖の作り方、アレンジレシピをはじめ、食中毒やアニサキス、冷凍方法など、基本から大公開!